スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンパンマンミュージアム

少しづつ夏らしくなって来ている高知。

それにしても例年に比べると、かなり涼しく感じますね☆


温度。 植物にとっても、土にとっても、とても大切な一つの要素ですよね♪

そんな雨降りの休日にアンパンマンミュージアムに行って来ました。



アンパンマンと言うと、お腹を空かせた子供達に顔をあげて、宿敵である悪いやつ、バイキンマンをやっつける。と、言うストーリー。


それはあくまで表向きのストーリー。

本質は全く違うのだなぁ。と感じました。

アンパンマンミュージアムの中にはやなせさんの描いた、油絵や作品とともに、沢山の言葉も綴られていあります。





それをまじまじと読んで行くと…

ジワー。と染みて来て、本質は全く違うのだなぁと感じました。


その言葉の中に、『人は草や木に生まれ変わりたいと思う事があるが、草や木は人に生まれ変わりたいと思う事があるのだろうか。』

と言う言葉があり、すごく深い言葉に感じました。


アンパンマン。
パンは麦(植物)からできており、それをいただいてみんな生きていて。

バイキンマン(微生物)はそれらを腐らせもするが、腐らせた後は、分解し、また植物に吸収される。

どちらかが欠けてもダメなのですし、敵、味方では無く、丸で繋がってみんな植物の生まれ変わりで、植物もまた人の生まれ変わりと言う、地球規模で起こる大切な事を、このストーリーを持って伝えつづけている、やなせさんの思考と言うか、思いと言うか…。

伝えるのに具現化するのはすごいなぁ。と、そんな事を考えながら一人感動していました。


…しかしながら上田微生物も負けてはいられませんっ!!


バイキンマン微生物資材からスタートし、ジャムおじさんちょい手前までをお手伝いして、アンパンマンにパスをする。


これが上田微生物の仕事なんだな~。と嬉しく感じた休日でした。

大切な丸の一部であり続けたいです☆






☆Good Micro-organisms Life☆

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。